シルバーの手入れと磨き方



シルバーアクセアリーは、身に着けているうちに、空気に含まれる成分と反応して、黒く変色することがあります。
また、衝撃により、破損や傷のもとになりますので、ご注意ください。
石が留まっているアクセサリーは、石が割れることや、爪が緩み石が外れる可能性もございますので、お気をつけください。


しかし、シルバーは、黒くなったとしても、アフターケアをしておけば、再びもとの輝きに戻すことができます。

予防と対策

1.汚れを落とす

汗や化粧品、皮脂などに反応するので使用後は水洗いをし、きれいな布でふき取ります。また、水分にもシルバーは反応するので、水分をしっかり取ってください。

2.暗いところに保管

紫外線を浴びると変色が早くなるので、太陽の当たらないところに保管してください。

3.温泉にはいれない

硫黄分の含む温泉や硫黄の成分入りの入浴剤を使用したお風呂にシルバーアクセサリーをつけたまま入りますと、反応し、黒くなってしまいます。

アフターケア

1.汚れを落とす

まずは、水洗いやからぶきで汚れを落としてください。この時、ゴシゴシとこすると、傷のもとになることがあるので注意してください。
また、いぶし(黒く染めたシルバー)は、そのいぶしが取れてしまうことがあるので、ご注意ください。

2.黒ずみをとる

市販のクリーナー液などに浸せば、輝きを取り戻せますが、これも上記同様に、いぶしもとれる可能性がありますので、ご注意ください。
市販のジュエリークロスで表面を磨くことでも黒ずみを取り除くことができます。

クリーニングサービス

商品のクリーニングに関しては、送料+1000円で承っております。お問い合わせください。